新しく就いた仕事で今までに培ってきた実力をフル活用できれ・・

新たな職場でそれまでに培ってきた実力を活かすことができれば…

新たな仕事でこれまでのキャリア・スキルを生かせたら、即戦力として周囲から評価されて、じきに職場にも馴染めるようになるでしょう。同時に雇い主も即戦力となる人材は常に欲しがるので、採用側が判断しても即戦力となる転職は円滑に事が進むでしょう。しかも、以前の仕事内容と近いジャンルであれば、見通しはおおいにあります。ですが、そこそこスキルがあるといっても一流企業の事務職系や公務員などは、時代に関係に左右されることなく相当な競争率ですから、覚悟を決めておきましょう。

転職の採用面接を受けに転職希望の会社へ伺いました。

転職における面接にとある会社に伺いました。偶然その会社の会議室が空いていないというわけで会社外で面接官と待ち合わせて採用面接をして、その場所で解散し、面接担当者も会社に寄ることなく自宅直帰されるとのことでしたが、奇遇にも下りる駅が私と同じだったのです。そのため電車の中でも彼と一緒に話をしながら帰宅することとなって、おかけですっかりリラックスして面接しているよりもお話が弾んで、それが功を奏したのか何事もないまま採用を掴み取ることができました。

私は20代までに転職2回で、そして今、資格をゲットする・・

20代前半で転職を2回した為、現在は資格取得のために派遣社員として企業で働いています。フルタイム勤務を選択しなかったのでやはり毎月の収入は安くなりました。前よりも心と時間的な余裕ができました。学生のときにいくつか資格を取得し、仕事できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。また、実際に、そういった人を見る度、私もこうなりたかったと思います。以前の私は、成功している人と自分との違いに劣等感を感じる日もありました。現在は結婚してから、がらりと生活環境が大きく変わり、以前よりもその中で仕事や将来の夢も定まったので、毎日が充実しています。

これから転職活動をしていく人で、次の仕事をする前にある程度期間があるのなら、…

今年中に転職される人で次の仕事をする前にある程度期間があるのなら、「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。あなたが働いている企業側がしっかり「雇用保険」を払っているのなら、手続きをすれば誰しも失業手当を受け取れます。また、手続きについては「ハローワーク」で行う必要があります。もしも自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、状況によっては企業の都合の退職、残業時間の内容次第ですぐに受け取れることもあります。このときの、受け取れる「失業手当」の金額については、会社で最後に働いた月の直近の給料をもとに手当の額を計算するのでもし、繁忙期や閑散期がある方は「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

今日はネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく…

現代はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社もたくさんあります。「特許」を申請した人は、ヘッドハンティングされることが期待できます。彼ら(ヘッドハンティング会社)は、特許の他に、研究開発で論文を提出した実績のある人や、マスコミによって注目を浴びている人など、何らかのインパクトを残した人を対象に、電話やメールを使ってコンタクトを図り、ヘッドハンティングのネタにしようと企んでいます。会社に在籍中に、ヘッドハンティングと考えられる連絡をもらったとしたら、そういったことが無かったか考えてみましょう。あまりないことですが、ヘッドハンディングを装って、登録料を要求しようとする会社もあるらしいですが、その手の業者は当然ながら詐欺ですから気を付けましょう。ヘッドハンティングは通常、企業が仲介業者に報酬を支払う形となるため、転職希望者が負担するものではありません。


札幌市のWeb広告代理店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)