職を変えようとしようとしている時にマークする募集内容の情報というの…

再就職をする際にチェックすることになる募集要項は、おおまかなものと…

職を変えようと考えている時に注視する募集事項については、基準的なものとして、アバウトに書いてある、という確率もあり得ます。ですから、そこに掲載されている内容は何もかもが正しいとは思わない方が良いでしょう。特に報酬面に関しては、社員を平均した値なのか?最低額なのか?最高額の給料なのか?といった見解ができないことが多く、自分の勝手な判断で理解したつもりでいると、後からそのことを悔いることになりかねません。という訳で、そんな風にならないためにも、求人に載っている情報は参考程度に考えて、そういったような重要なことは会社の方に直接確かめてみた方が妥当です。

今まで経験したことのない業界とかに転職をしようとするときに…

全くの未経験である分野などに転身したいときには、前の職で、自分が養われた腕前や今までの経験を発揮することができるといった内容のアピールが必要です。経験がない人は経験のない分だけそのジャンルで経験してきた人たちよりも事実、損にはなりますが、自らの持っているスキルがその分野でも生かせるということを相手に言えば、戦えるケースもあり得ます。そのような訳で、経験したことがない業種にチャレンジする際には、その業種と自分が今までやってきた仕事との関連を可能な限り発見しましょう。

ある古物商の会社で書類選考をクリアしたため、担当者から面接の日時を教えてもらいました。

とある古物商のお店で、書類選考に合格したので、先方から面接の日時を指定してもらいました。ですが、当日、指定場所へ行ってみると、どういうわけか相手が、面接の用意を一切していないと知りました。しばらく待たされたのち、責任者らしき人が面接に応じてくれましたが、驚くほどだらしのない態度で迎えられ、何とか面接は終わりました。ですが、予定日を過ぎているのに、採用結果もまったく告げられず、もう待ちきれなくなり、私の側から問い合わせると、「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未着でもう一度問い合わせたところ、驚くことに、「結果は不採用でした」、とこちらが話す隙もないまま電話を切られてしまいました。呆れ果てて絶句してしまったのですが、採用されなくて良かったと思っています。

就職するため職探しをする場合に注意して欲しい求人・・

就職活動中に特に注意したほうがよい募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高めで、拘束時間が長めのものです。このような募集では、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれている場合がとても多いのです。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間とか45時間という感じで求人の記載内容に時間が併記されているものです。毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、前もって給料に残業代を入れておくというシステムです。(ちなみに、これは合法です)例えば『みなし残業代45時間込』と記載があれば、「書かれた時間分の残業代を入れると、これだけの給料になります」という話になります。けれども、悪質なブラック系の求人ではこの『みなし』という言葉が可能性もあるので要注意です。

これまで私は、求人情報は「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」を利用していました。

これまでは「転職サイト」で職を探すより、私はハローワーク派でした。なぜなら、CMで有名な大手の転職サイトは、なぜか都心部にある会社の求人情報が多いからです。なので、新しい職場を探す際は、「ハローワーク」のみ使っていました。人気の転職サイトに掲載されている求人より多少企業や給料といった条件は見劣りしますが、昔から地域密着という点では探しやすい魅力があります。しかし、「ハローワークはなんか地味だなぁ」と思われている方もいるかと思いますが、思いのほか、思いがけず理想の企業もあるかもしれないので近いうちに転職を予定しているのなら、お近くのハローワークへ1度行ってみることをお勧めします。「転職サイト」みたいにたくさんのニュースレターが来ることもありません。


パースピレックス ローション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)