退職と転職を繰り返さないための打開策が一つだけあります。

退職と転職を度々しないためには、コツが要ります。

退職と転職を度々しないための対策は、とてもシンプルです。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタル面を鍛えると、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。現在は、インターネットを使ってメンタル面を強くするヒントは容易に拾えます。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職とは全く異なる行動によっても、精神面を強くすることができます。その典型例が「海外旅行」です。外国は、言葉も文化も大きく異なるので、とにかく刺激が山ほどあるのです。なので、精神的な成長を遂げるにはピッタリの方法といえます。日本に帰ってくると、自分が小さな世界しか見ていないことに気づかされ、「世間の小ささ」というものをしみじみと感じることができます。その気持ちを携え、面接に臨めば、これまでの面接とは比べ物にならないほどに自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。ただし、退職して間もない頃は精神的にまいっている人も多いのでその後のために休みも必要です。

再就職の時に行われる面接時にクールビズで来てください…

再就職の面接での身なりは企業側からクールビズ可とと伝えられる場合もあるようですが、クールビズで行くのは実際は失礼に当たるのでは?と感じてしまう人もいます。クールビズに関する迷いを懐に持っている人にアドバイスしておきたいのは、クールビズでも良いとされている面接の場面では言われたことをそのまま守った方が間違いないです。迷ってしまい、汗がだらだら出る季節にスーツを着用すると相手に不自然な印象を持たれてしまうので、会社側からクールビズ可と記載されていたらクールビズで良いのです。

この先、労働力という観点においてぐんぐんと考えなくてもできる仕…

この先、労働力という観点において今以上に思考を必要としない労働は機械化が進み、明らかにマンパワーはどう考えてもカットされていきます。どうしてかというと、考えなくてもできる労働は人間の手を借りるよりも機械を稼働させたほうが圧倒的に利便性にすぐれているからです。数をカウントしたり、同一の動作を反復したりすることは機械では当然何の苦もありません。当たり前のことながら人間とは違って愚痴を言わないし、疲れ知らず、ズルもしないし、正確だし均一化できる強みもあります。そして、給与を渡さなくてもいいのがメリットといえます。なので、生身の人間を使う意味がなさすぎます。ですから機械化の流れは自然といえます。

働いていた会社でパワーハラスメントを行う上司に悩まされて、…

初めて働いた会社で反りが合わない上司に困惑してしまい、我慢ができなくなり退職し、同業他社に乗り換えました。会社に行くのが楽しく本当に充実した日々でしたが、月日の経過とともに会社の業績が悪くなって、結局は経営統合されることになりました。偶然にもその経営統合先の会社が驚くことに転職前に働いていた会社で、しかも反りが合わない上司がもう一度私の上司となることになりました。こういう悪いめぐり合わせとは、なんでこんな縁があるのでしょうか。当然また転職活動を開始するつもりです。

私が転職を考えていた時期に割と多くの人材紹介会社に登録していたことがあります。

自らが求職中のころ何個かの人材紹介会社に登録していたことがあります。その際に思ったこと、それは転職アドバイザーの質も多種多様でたいていの場合、いまいちな方でした。こっちは人生がかかっているのにもっと情熱をもってに臨んでほしいという落胆した気持ちが積もり積もってしまいました。それが契機となり私はキャリアカウンセラーになろうと考えたのです。その資格を取得するのにお金もかかったし勉強面においてもハードですが、仕事を探している人たちからアドバイザーがあなたで良かったと言ってもらえるキャリアカウンセラーになるべく頑張っています。


名刺作成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)