派遣会社を利用して働く人が現在増加しています。

直接雇用ではなく派遣という形態で働く人が徐々に増加する傾向にあります。

派遣会社に登録して働いている人が規制緩和以来、増えています。派遣社員として働く場合は、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、その中で何割が自分に支払われるのかをできるだけ面接のときに質問しておいた方がいいでしょう。派遣業は人材を希望する会社に派遣して、その対価として手数料をもらうシステムになっています。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっていることがほとんどです。5割以上の額を還元しているのであれば、比較的よいのですが、中には開示すらしない派遣業者も少なくなく、酷い会社では、労働者に2割しか還元しなかった、というケースもあり得ます。なお、面接の際に答えてくれないような会社は、いろいろ不都合なことは隠す体質であることが多いので、極力そこを利用するのを止めておくのが賢明です。

今、私は派遣会社で働いています。

このところ私は派遣会社に登録して働いています。ウェブサイトの中で気の向くままに自分に向いていそうな仕事を探して問い合わせたところ「残念ながらその仕事は、他の方に決まりました」と言われて瞬間的にサイト内からお仕事の情報が消えるのですが、次の日になればまた載っています。それって要するに私ではダメだという意味ですよね。そういうことであるならば変に隠さない程度ではっきりと伝えてくれるといいのですが、なかなかそうもいかないのでしょうか。あるいはもしかすると偽りの仕事なのでしょうか?

転職活動をスタートする際、まず今の会社を辞職した・・

転職活動をスタートする際、まず今の会社を辞職してからと思っている人もいるでしょうが、そうであるならボーナスの支給日を事前に確認しておくのが無難です。ボーナスの支給がある会社は星の数ほどありますが、社員にボーナスを出す会社の場合には、ボーナスをゲットできる日がすぐそこまで迫っているのであれば、それから退職するという手も良い手です。ボーナスはってかなり多くの額が入るはずなので、もらわないのはもったいないとも言えますから、職場を変えようと思い始めたらボーナス支給日をまず確認しておいた方がボーナスをもらい損ねないと思います。

再就職のための面接では、中堅企業であればおおよそは、その社内の「人事」担当が面接官になります…

転職希望者が受ける面接では、零細企業クラスの場合おおよそ「人事」が面接官となりますが、場合によっては、別の人が担当することになります。実際、今後一緒に仕事をする現場の一番偉い人、かいつまんで言えば役職クラスである部長や課長が面接を担当することも少なくありません。特に、営業系や事務系といったカテゴリでは、資格のみでは具体的なイメージがないので、堂々と自分という人物を売り込んでいくことが必要なのです。担当者から「この人は、きちんと自己主張できるし、それにやれそうな感じだな」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことが大事です。

もしもあなたが、現職からの転業の決心をしたのであれ・・

もしも、転職を決定したなら、まったく同僚には内密にその意思を知られないように、首尾よく活動を進めていき、転身先が決まっていない間は、徹底して周りの人間に気づかれないように淡々と仕事をするのがもっとも良い形といえます。現職中、その状態を保っておくと、もしも希望に沿う転職先を難航したとしても、転職時期を見合わせながら、現在の職を続けても何も問題ありません。でも軽はずみに口にしてしまったら会社の人は、それを受けた態度を取り始めます。そして社内の人間に「辞めるつもりです」と言った場合、周囲には「あの人は辞める人」と受け止められます。しかしもしも、転職したい思いが消えて、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、会社内の人間は、「一度は仕事を辞めようとした人」といった目であなたを見るので、在籍中、身の置き所がない思いををするリスクもあるでしょう。


経営コンサルティングなら東京の英知コンサルティングへ
経営コンサルティング、人材育成コンサルティング、個人コンサルティング、FPコンサルティングなら東京の英知コンサルティング株式会社へ。国内唯一、全コンサルタントがMBAまたは中小企業診断士。全国対応。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)