自分の得意なことや好きなことを仕事にしたいと考えている方は要注意です。

趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたいと考えている方は注意が必要です。

自分の大好き、を仕事にしたいと思っている方は注意です。これは、私の実体験になるのですが、私は、もともと食べることが本当に大好きでそれが高じて、前に、料理店で勤務していました。そのお店での仕事内容は、そのお店で担当していた仕事内容は、簡単な盛り付けやホール業務です。この業務内容については、不満もなく楽しんで働いていました。しかし、職場の人間関係ですごく嫌になりました。ということが引き金になって、仕事をやめたのですが、それと同時に、大好きだった食べることやその店でメニューとして提供していた食べ物も苦手になり、同ジャンルの飲食店はしばらく経った今も行けていません。当時の店の匂いを思い出すのも苦手です。仕事に就いた当初、大好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたいと思うのは素敵なことです。しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、真面目に問いただした上で行動するべきです。

転職によって勤め先を一新するということは、自分自身に適…

転職して仕事先を一新するということは、自身に合う居心地の良い場所を見つけ出したほうが好ましいということです。職場や勤務先を変えることで、驚くほどの適職に出会うかもしれません。が、良い面ばかりでなく即戦力となりうるスキルを持っていないと、良い職は得にくいはずです。別の言い方をすると、あなたのスキル次第で天職に恵まれる、ということなのです。今の社会は、職業選択の自由が普通に常識として認知されているので、天職の道を選んだとしてもトラブルも生じないでしょう。終身雇用制度がなくなりつつある今現在では「使える人材が欲しい」と思っている企業も多くなっているので、この好機を狙って転職を考えてみましょう。

ついこの間、転職したばかりであるにもかかわらず、早期・・

ちょっと前に転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、わずかしかたっていないのに退職を決意してしまう人が思いの外多いものです。何故かと考えてみると私の思うところをいうと心機一転、自分に合った会社を見つけたというのに、「自分の想像していた仕事とけっこう違っていた」「こんなはずが・・・」という感じで退職してしまうのだとか。可能ならこのような、転職先選びでの失敗を後悔しないためには、初歩として、転職先の情報収集をまじめにやっておかなくてはなりません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、通勤に掛かる時間、給与システム、などいろいろ前もってチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

転職する企業で、「年収」の高望みはしないほうが良いです。

新しい就業先ではすぐに「年収」の高望みはしないほうが良いです。ことさら、転職したはじめの年度は、おおむね試用期間が入っていることもあるのです。自分の転職して新たな仕事をした時は、苦労して転職したというのに、悲しいかな前職の年収と見たところ同じだったことがあります。しかも業務内容はとてもキツく、たいへん責任が伴うもので、初年度をクリアするのにものすごく苦労しました。そのような経験から1年目は、仕事を覚える期間と割り切り、なるべく転職するよりも以前から貯蓄しておくことに尽きると思います。

転職活動を現在の仕事と並行している人は少なくありません。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人が多いです。ただ、働きつつ求人情報をチェックし、さらに応募手続きをし、面接を受けるのは精神面も肉体面も大変です。現在の会社の同僚や上司に隠さなければいけません。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、もしも、そのまま書類選考が通り、面接に呼ばれた直後、「辞退」したとしたら、今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。転職エージェントを介して応募していた場合は、そのエージェントからの信用を失いますし、それとは異なり自分で直接、応募したとしても相手の会社から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。どちらにしても自分の大切な時間をドブに捨てることとなるため、行く気のない案件は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると意識しておくと、賢い判断ができるはずです。


キッチンカー製作

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)