就職活動において、年収はかなり大切な要素です。

就職活動において、だれもが気にするのが年収です。

就職活動において、年収は非常に大事なポイントです。面接において、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。年収を本当にもらっている額よりも大きく申告し、高額な年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。最終的には源泉徴収を提出することになるので、もし一度は信じてもらえたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、そこで虚偽の申告をしたことがバレていまいます。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現在の年収を正確に申告し、それに釣り合う希望年収額を設定しておくのが無難です。例をあげれば、年収300万の人が急に年収500万になるようなことはまず無理です。もし、今の年収が430万円だとすると、希望額は400~450万円であると伝えておくのが得策です。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、せっかく入社した会社をそのまますぐに退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので注意が必要です。

再就職における面接などに関して名刺を差し出してきた・・

転職の面接などにおいて担当者が名刺を差し出してきたら、同じように自分も名刺を渡した方が良いのかどうかとどちらが正解かわからない場合大方は渡さないもの、と考えておきましょう。転職のための面接というのは仕事内ではなくて、職を得るための採用活動内のことです。ですから大方は名刺をやりとりする時間とは異なります。それに加えて、会社の者として出向いているのではなく、あなた個人の問題でそこにいるわけです。なので、相手の方から名刺を渡された場合であっても、あなたのほうは、ただもらうだけで問題なくて、相手に渡す必要はまったくないと推測できるのです。

転職なら、言うまでもなくやりがいのある仕事か考えることも大切だ・・

転職をするならば、むろんやりがいのある仕事をすることも重要だけどそれに加えて手取りのアップも大切なポイントなので「年収サイト」というところに登録してあらかじめ研究をしています。同じ会社でしかも全く一緒の職種、経歴なのに人によって広く幅があることも多数あって、ぶっちゃけて言えば面接の時質問したことがあります。面接官もそのサイトをよく見ていたようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた人物も誰なのかだいたいは見通しがついているんですけどね、多分良いように見せようとしてるんですよ。低い方の給料だと考えておいてください」とのことでした。

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、ほとんどの場・・

求人についての情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合は多くの企業では月収等が記載されています。だけれどもこの月収の部分をチェックする時には、しっかり確認する事が必要です。数値だけで納得しないほうが無難です。何故かというと案件によっては、月収の中身が月20時間残業の場合を前提に計算されている可能性もあります。つまり残業代をトータルすることで良い案件に見せて、人材を募集している所があるからです。また、「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている企業もあります。こういった表記された数字どおりとなる見込みがない会社には興味を持たないほうが賢明です。

何年か前までは求人情報では、雇用主が求める人材の「性別」…

数年前は求人情報には、雇用側の希望する「性別」が明確に記載されていました。しかしながら最近では、男女雇用機会均等法の施行によって、男女の求人・採用差別をしてはならないとして、求人情報の条件に「性別」が記載されなくなりました。そういった変化があるものの、求人を出す側としては、男性・女性のどちらでも良い、とは本心では考えていません。従って本当は男性を希望の企業に募集に女性がやってきたり、逆に女手が欲しいのに、男性が応募してきたり、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。例えば、「女性が活躍している職場です」と記載される案件の場合は、会社側が「女性」を必要としている、と捉えておいたほうが確実でしょう。

もっと良い会社がいいと転職活動をしている中の場合は「ほんの少しでも早く…

もっと良い企業がいいと転職をする活動をする人の大半は「はやく、内定(採用通知)がものにしたい」と考えがちです。が、通知を欲しいばかり、自分自身の能力を必要以上に大きく見せたり、反対に自分を過小評価につながる行動はなるべく避けておきましょう。焦る感情にこらえて、冷静に客観的に考えながらあなたに適した職場を探すことに意識を向けましょう。これまでの経歴を生かしつつ、そして、自分のキャリアアップが期待できる会社を賢く選んでみてください。

将来に目を向け、楽しんで再就職に向けての転職活動と向き合うことで・・

将来に目を向け、期待をもって再就職に向けての転職活動と向き合えれば、精神的な重荷が減少するので、転職先が見つかるまでの間に堕落はしないですみます。しかもメンタルにも健やかな状態であれば、あまり時間をかけることなく転職が出来るでしょう。一番の理想は、やはり、休職期間をつくらず転職先を見つけることが大事です。今の仕事を続けながら、次の仕事を見付ける形がもっとも良いです。しかも、隙間をつくらなければ退職後、直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。そのようにしておけば、職歴にも空白期間ができることがないので、履歴書にもキズがつかなくて済みます。つまり、再就職の際に不利になることがないということです。先のことを考えながら、うまく転職活動を進めてみましょう。

失業した人に給付される失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になります・・

失業した際に受け取れる失業保険は、失業している間もらえるが、延々と給付されるわけではありません。失業時までに働いていた期間に応じて変動し、90日とか120日とか設定されるのですが、このような事実を理解していない人が少なくありません。永久にもらえるものと勘違いして失業保険で食べていけばいいと考えて仕事を探さない人もいますが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから焦って職探しをしても好条件の仕事を見つけるのは難しいです。転職を希望する会社の面接担当もアホウではないので、「いつに失業したか」「どのくらい失業期間があるか」「その間、何をしてたか?」といった内容は大よその想像が付く。ヘタをすると、失業中の求職活動についてことごとく聞かれることもあります。返答に詰まったり、自身を良く見せようとバレバレの嘘をついてしまうと、まず受かりません。

今後転職活動をされるなら、気になる求人(または業界)…

転職活動の最中、気になる求人(もしくは業種)があれば、100%「〇〇業、ブラック」でネットで検索し目を通しておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントでは、その業界に関するマイナス面などはアドバイスしてもらえません。仮にブラック案件が蔓延している業種であれば、インターネット検索を通じて一発でおおまかな実態を理解できます。そうした手間を惜しんで会社に入ると、あとから落胆してしまう可能性もあります。そもそもその求人が出ている理由が「内容がきつく、人がなかなか定着してくれない」といった場合が多くを占めます。目に留まった業種について、疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

派遣会社での仕事が決定しました。

派遣の仕事が決定しました。就業の初日に派遣会社の営業担当者と勤務先の会社の近くのコンビニで合流すると約束をしていたのですが、担当者がどうしたことか約束をした店の前にいないから店内にいるのではないかと思ってコンビニの中に入ってみたら彼はなんと雑誌コーナー前の通路にしゃがみ込んでいやらしいグラビアページを開けてじっと見ているのを発見!こんな担当者のお仕事なんて勘弁してほしいだと感じて、その場で声をかけることなくコンビニから出てすぐに派遣会社に辞退の連絡を入れました。

退職と転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)