こういう転職というのは友人から聞いた話です。

兄の友達から聞いた話です。就職活動を始めて学生時の就職活動…

兄の友人の話です。就職活動を始めて新卒の時に入社することを強く希望していた目標であるA社で行われた入社試験で、最後の役員面接までいきながら不採用になり、そのため仕方なく別の会社に入りました。それから3年経過した頃に派遣求人サイトを見ていて偶然A社の紹介予定派遣の求人を見つけることができ、我慢することができずその時働いていた会社をすぐに退職し、A社で派遣勤務を開始、やったな、と思った行動です。必死に頑張ってその先どうにかA社で正社員として採用され、今はやりがいを持ちつついきいき仕事をしています。

現実に失業保険の給付を受けるためには、「就職活動」していることを証明しなくてはいけません。

実際に失業保険を給付してもらうためには、職探しをしていることが条件になります。とはいっても、実際は「会社に行かなくてもいいし、少しの間でもゆっくりと過ごしたい」と思うのが本音でしょう。というワケで、きちんと次の仕事を探しているように見せかける方法があるので紹介します。月に一回ハローワークに行って担当スタッフと面談するのは当然必要ですが、その場にて、求人票を見ることは最低限やってください。心の中では探す気持ちが出ないときは、「求人票」にだけ目を通し、ハローワークスタッフとの面談のときに、「労働条件のいい仕事や自分に合った仕事、希望する仕事が残念なことに見つかりませんでした」と言って、次の機会を狙いましょう。

転職する際、今働いている会社を退社する時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが・・

転職のために今勤務している会社辞める時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、仮にあなたの都合で退職届を提出して会社を去る、いわゆる「依願退職」の際には即座に失業保険が出るのではなく手続きを行い、失業したことが認められてから3ヶ月経ないともらえないのです。よく間違って会社を辞めた次の日から3か月経てば給付されると思い込んでいる人がいますが、この規則を勘違いしてハローワークの職員の方が間違っていると主張してそれが原因でハローワークの保険担当者と過去に口論していたのを見たことがあります。因みにリストラなど会社側の都合による退職のケースでは、失業が認定されれば即座に失業保険が給付となります。

”石の上にも3年”という人生において役に立つ教えがあります。

古来より「石の上にも三年」という人生において役に立つ教えがあります。昨今、ないものと同然である「終身雇用制度」。「転職」は当たり前になりつつあります。しかし、「転職」が当たり前になったからといっても、軽い気持ちで仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。実際に再就職を検討する際は、まずは良いタイミングを図る必要があります。はじめに、現在の職場、仕事について全般的に、嫌だと感じいているポイントを、10個程度、探しておきましょう。そうしておくと、再就職を決断することです、そして、もし未来の展望が拓けたのなら、できるだけ早急に今より良い仕事を手に入れるべくトライしてみましょう。

もしも転職することが、現在の会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと、…

もしも再就職の前に、今働いている会社の同僚たちがあなたの転職を知るとその状況が一変するかもしれません。働いている会社の環境によっては、意地悪されたり、やっかみもあるはずです。時には、意図的に残業を押し付けられたりすることもあるので、軽はずみに転職のことを周囲に伝えるのはお勧めしません。上記トラブルを回避するために、今現在の仕事場では、いたって真面目な態度でいましょう。そうすることで、良い状態を最後まで保ちつつ、会社を去れます。また、トラブルなく退職できれば、辞めた会社に相談ができる機会にも恵まれるでしょう。業界に関係なく、どんな企業でも、人とのつながりはとても大切なので、辞める時のトラブルは、可能な限り回避しておきましょう。


大阪市の外壁塗装・雨漏り・防水工事はリウォール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)