転社を繰り返す日々を止めるための術が一つだけあります。

転社を繰り返す日々を止めるためには、少しコツがいります。

転職を繰り返す日々を止めるためには、コツが要ります。スキルを向上させることもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返さなくなります。今現在は、ネットがあるのでメンタル面を鍛えるコツは容易に知ることができます。また、意外と思われるかもしれませんが、転職とは全然違う行動によっても、メンタル面を鍛えることが可能です。たとえば「海外旅行」です。海外に旅行に行くと言語、文化、生活様式など、違うことばかりなので、大きな刺激を常に得られます。ですから、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。帰国してみると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちのまま、(転職のための)面接に臨めば、これまでとは違って自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。でも、退職後しばらくはメンタルが弱気になりやすいので、その後のために休業期間も必要です。

再就職をする際の面接での身なりはクールビズで良いとと連絡が来るケースもありますが・・

転職の面接においてクールビズで来てくださいとと書いてあるケースもあるようですが、クールビズの格好で面接するのは実際は減点対象になるのでは?と考えてしまいます。そのような思いを抱えている人に言いたいのが、会社側からクールビズで良いとされたのであれば、伝えられた内容をそのまま守った方が確かです。混乱してしまい、夏真っ盛りの時期にクールビズでないと相手に不自然な印象を持たれてしまうので、企業側からクールビズでお越しくださいと言われたらクールビズで良いのです。

近い将来、私たちの労働環境においてどんどんシンプルな労働・・

私たちの労働環境は、これから簡単な仕事は機械化に置き換わってそれによって必要な人手はどう考えても減らされてしまいます。そのワケは、思考を必要としない仕事はヒト以上に機械でやったほうが比べられないほど分があるからです。例えば、数をカウントしたり、同じ動きをずっとリピートしたりすることは機械では当然何の苦もありません。人と違って文句は言わないし、疲れることもないし、適当にすることもないし、正確にこなしてくれますし、均一にこなせます。さらには、賃金を渡さなくてもいいのがメリットといえます。ですから、労働力として生身の人間を使う意味がまったくなさすぎます。ですから機械に移行していくのも注目されているのです。

就業していた会社で嫌な感じの上司の存在に悩みを抱えて、…

勤めていた会社で相性の悪い上司に困惑してしまい、その結果やっていくのは難しいと判断してその会社を退職し、別の同業の企業に移りました。新しい会社では上との関係も良好で勤務することができ本当に満足していましたが、月日の経過とともに会社の売上が悪化して、ついにはとある会社に経営統合されることになったのです。ところがその統合先の会社が驚くなかれ前に働いていた会社で、おまけに大変嫌いだった上司が再度私の上司になるそうです。どれほどご縁があるのでしょうか。言うまでもなく再度の転職活動を始める予定です。

私が仕事を探していた時期にかなり複数の人材紹介会社に登録していたのです・・

自らが転職を考えていた時期に割と多くの人材紹介会社に登録していたのですが、その時に感じたこと、それは転職のアドバイザーのレベルに関しても驚くほど様々でその多くは物足らなく感じる人ばかり。私とっては大切なことなのにもっと気持ちを込めて向き合ってほしいという気持ちが積もってしまいました。そんなことがありキャリアカウンセラーを目指すことになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取るためには費用もかかりましたし勉強もヘビーだったわけですが、仕事を探している人たちから信用される人になるべく努力しています。


リワーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)