派遣先の会社が決まりました。勤務1日目に派遣会社の営業の担当の・・

派遣社員として働くことになりました。

派遣での仕事が決まりました。勤務初日に派遣会社の営業の担当の方と派遣先の会社に近いコンビニで待ち合わせをしたところ、どうしたことか約束の店の前にいないので店の中にいるのかもしれないと考えコンビニエンスストアの中に入ってみたら彼は雑誌売り場前の通路に座り込んでいやらしいグラビアページを開けて閲覧しているではないですか。こんな担当の人の仕事なんて人間としてプライドが許さないことと考えて、そこで声をかけずにこっそりとコンビニを出て即刻派遣会社へ辞退の連絡を入れました。

転職活動では、準備はしなければなりません。

転職活動には、相応の準備は不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、とくに、目に見えるファッションは気にしている人は多いはずです。しかし、ここ数年の、企業面接では私服が多い会社があるので、スーツで臨まなくても良い場合があります。とくに会社の創立してすぐの企業などは、厳しいマニュアルも作られてないことが多く、私服の方が相手先に良い印象をあたえます。そして、正装ではないので、堅いイメージを与えないのでフランクに会話がしやすい、というメリットもあります。また、私服であれば面接のなかで、洋服について、話が広がることもありますから、もしかしたら担当者に気に入らえるチャンスを作れます。というワケで、転職にトライするなら「創業年数」で選択し、(ベンチャー系などの)面接の際は私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

看護婦と呼ばれていた看護師というのは務めとして女性の割合がすごく高・・

看護師というのは働く者としてどうしてか女性比率が高い職場です。ご存知のように気力それに体力をひどく消耗が激しい特徴もあります。そのために、対人関係にトラブルを抱えやすく、自身の結婚や出産といったそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートとの両立がかなり取りづらい職業ともいえます。実際に、上記のような点に行き詰まり、転職する人が多いのが現状です。色々と過酷な環境であるために、人手不足の状況になっているのです。なので、医療業界は、看護師を欲する「売り手市場」となっていて、これが転職の希望者が後を絶たない原因になっているのでしょう。

転職サイトに一度登録すると、しつこく電話やメールをしてきます。

転職サイトに登録すれば必ず、電話やメール連絡が何回も入ります。そのため初めて利用した人はとてもびっくりすることが多々あります。「転職エージェント」は、利用者に転職してもらうことが仕事だとされるので、大変積極的に行動します。その中でも大手のエージェントは成就させると企業からお金を受け取るシステムといえるので、転職する側の都合より企業の都合を優先的に考えることが少なくありません。また、彼らは、成約数を増加させたいがために、内定がでた直後に、入社するよう後押ししてくることが珍しくありません。対抗策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、転職にしくじらないように注意を払うことが必要です。

楽しんで転職と向き合えば、メンタル的にも転職活動の間の堕落も避けられます。

期待をもって転職活動ができれば、精神的に重荷を感じることもないので、結果として転職先が見つかるまでの間に堕落しないで済みます。それにメンタルにも健やかであれば、すぐ、転職先も見つかるはずです。オススメなのは、休職期間をつくらず新しい職場に飛び込むことです。現在の会社に勤めながら、転職活動することが良いでしょう。しかも、休職期間をなくすことで、退職後もすぐに働けます。そうすることで、職歴に空白期間ができないので、将来に響くこともありません。すなわち、転職の際に不利になることがないということです。今後のことを鑑みながら、円滑に転職活動を進めてみましょう。


筑後いこい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)