派遣先の会社が決定しました。勤務1日目に派遣会社で営業を担当している・・

派遣で働く会社が決まりました。

派遣社員としてある会社で働くことになりました。就業1日目に派遣会社の営業担当の方と派遣先に近いコンビニで落ち合うことになっていたのですが、彼がコンビニエンスストアの前にいないので中にいるのかもしれないと思って店の中に入ってみたところ、営業担当者は大胆にも雑誌コーナーのところで座りいやらしいグラビアのページを開けて見ているところを発見!自分の担当者がここまで酷いのは絶対嫌と考えて、そこで声をかけずに店の中から出てすぐに派遣会社へ辞退の連絡をしました。

再就職する場合、相応の準備は必要です。

再就職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備が必要です。とくに、目に映る「ファッション」は、大事に感じてしまいます。けれど、近年の面接では、私服を許可している企業もあるので、ガッチリとスーツで決めて赴く必要がない場合もあります。とくに会社の創設して間もない会社などは、厳格なマニュアルもないことが多く、私服で面接をした方が、相手からの印象が良くなります。そして、正装ではないので、フランクに話をしやすくなります。そうして、私服だと面接の間に、洋服で、相手との話が広がる可能性もあるため、うまくいけば面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということで、これから転職は企業の「設立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系企業の)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

前なら看護婦ですが看護師というのは資格として歴史的に…

以前は看護婦と言われていた看護師という職業は、どうしてか女性比率がすごく大きい職です。また気力や体力を負担が大きい特徴があります。そのために、職場の環境での人間関係で行き詰まったり、自分の結婚や出産によってそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートとの両立がかなり難しい職業でもあります。実際、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、職場を変える人が多いのが現状です。流動性が高い仕事であるため、看護師は、慢性的な人材不足に変わらず継続しています。ずっと、どの医療機関も看護師を求めている「売り手市場」であり、それが転職増加の状況となっています。

転職サイトに登録すれば必ず、電話やメールで呆れるくらい連絡が入ってきます。

転職サイトに登録した場合、電話・メールで呆れるくらい連絡が入ります。これに対して初めて利用した人は結構びっくりすることが少なくありません。転職エージェントは転職させることが業務だといえるので、とても積極的に行動します。中でも大手エージェントは、転職を成就へと導くことで企業から報酬がもらえるシステムなので、転職希望者の都合を考えるよりも企業の都合を優先的に考えることが多かったりします。また、彼らは、契約数を増やしたいために、内定が出ると間髪入れずに、「入社されてはどうでしょうか?」と説得を図ります。対抗策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、無理に転職することがないように注意しなければいけません。

たのしい気持ちでいながら再就職と向き合えば、メンタル的…

楽しみを見出しながら転職と付き合う事が出来れば、メンタルへの負担を抑えられるので、転職期間に堕落はしないですみます。メンタル部分が健やかな状態のままであれば、あまり時間をかけることなく転職が出来るでしょう。一番のおすすめは、やはり、休職期間をつくることなく新たな勤め先を見付けることが大事です。今の会社に勤務しながら、新たな職場を探すのが良いと思います。さらに、隙間をつくらなければ今の仕事を辞めたあと、すぐに働けます。そうしておけば、仕事をしていない期間はできませんから、履歴書にもキズがつかなくて済みます。つまり、再就職の際に不利になることがないということです。先のことを考えながら、上手に転職活動を進めていきましょう。


未経験の転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)