転職候補先の見学ができれば、たいへん勉強になります。

転職候補先の会社見学は、非常に勉強になります。

転職しようと考えている会社の見学は、非常に参考になります。とりわけ、職人さんのいる会社では職人技を近い距離で見られるので楽しめます。でも、残念ながら「職人」がいる会社見学は、見学者にはほぼ例外なく、いつもの仕事現場を見せてくれることはまずありません。もっとも顕著なのは、ブルーワーカーといわれる肉体労働などの業種です。個人のクセが強い業種であるため、入社してからでないと、実際の姿は伺えません。ですから、仕事=見学内容と決めつけないことがとても賢明です。それに加えて、見学時に実際に仕事体験させてくれる会社は倫理的にアウトですから良い会社とは言えません。入社してもいない人にはケガなどのトラブルに見舞われたとしても、それに対する保障など一切ありません。スタッフから勧められても丁重に断ることが大事です。

がんばっている転職活動時、「私は経験としてこういった内容…

がんばっている転職する活動をしているときに、「自分は振り返るとこういった内容の仕事に従事してきました」「過去の会社の仕事によって、こういった経験を身につけることができました」と自身の実績・セールスポイントをがっしりアピールしなくちゃと考える人はよく目にします。ただし、応募し再スタートを狙う職場で「可能ならこういうような仕事をしたい」「私があげたような内容の仕事ならぜひ貢献できるはず」と未来の姿を話して自分をアピールする方が過去の実績以上に反応が良いはずです。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。

ここ最近は、株・不動産投資などの不労所得のほかに起業といった生き方も社会的に人気を集めています。

この頃では、株式・不動産投資などの不労所得のほかに独立といった形で生きる方法も人気です。そういったような世の中の変化に伴い、「会社員以外の道はキケンだ」といった従来の常識も変わりつつあるようです。高度経済成長を遂げている最中には、安定しない株式投資や、自営業で生きるよりも雇用されて働くほうがずっと安定していて、人が生きていくうえで正しい道として、またそれが決まり切ったことであるかのように広く一般の人々に浸透していました。しかし、そういった成長期は終わり、現代は「成熟期」といわれます。近い将来では、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、仕事で人が要らなくなる時代になっていく、とも言われます。

就職活動を年収抜きに考えることは不可能です。

就職活動において、年収はとても大事なポイントです。面接時には、大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき年収を現実にもらっている額よりも大きく申告し、転職先の年収を引き上げてもらおう、とは思わないようにしましょう。「源泉徴収票」が必要となり、もし一度は騙せたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局は後からバレてしまいます。ヘタをすると、トラブルになりかねないので、現在の年収を正直に申告し、それに見合う希望年収額を設定しておくのが無難です。例をあげれば、年収400万の人が転職して500万円となる可能性はほとんど場合ありえません。仮に、現在が430万円の年収であれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが正しいです。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に転職先に合格をもらったとしても、退職に追い込まれるおそれもあるので注意が必要です。

一般的に見て大企業は「定期採用」で人材を確保します。ですから・・

一般的に見て大業は「定期採用」がメインです。ですから、転職で入る事は簡単ではありません。それに、郊外~地方となるとその確率がとても小さくなります。例外として、製造業の企業に関して言うと、地方の工業団地などに運営していることがよくあります。また、そういった工場に的を絞れば、事業分野の拡大の際に人員募集をする事がよくあります。そういった機会を利用して転職するのも悪くないでしょう。そのためには、地方の工場を転職に考える場合、希望する企業についての予備知識をあらかじめ収集しておきましょう。公式サイトをチェックし、スタッフの募集予定はないか、ちょくちょくチェックしてみてください。


気になること、知識の泉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)